HOME > 外壁タイル補修工事

外壁タイル補修工事

既存の壁と違和感ないタイルのひび割れ補修ができます

ひび割れ、欠損しているタイルは、修復もしくは貼り替える必要があります。予備タイルが無い場合、通常は類似のタイルまたは特注焼きを使用しますが、色調や風合いに違和感が出るのは避けられません。株式会社スエヒロ工業では、特殊アートによる復元工法をはじめとして、違和感の無いタイル修復に取り組んでいます。

ひび割れや欠損で使えないタイルをさまざまな技法で復元します。

YT工法
アートタイルシステム

外壁タイルの剥落防止に絶大な効果!

平成17年6月、東京都中央区にある8階建ての雑居ビルの外壁タイルが突然崩れ落ち、通行中の女性に破片が直撃し、重傷を負った事故が発生しました。これを受けて国土交通省は平成17年6月16日、建築物の外壁を調査するよう全国の地方自治体に通知。同年9月1日の中間報告において落下の恐れがある建物は608件にも上っています。万一、事故が起こった場合、ビルのオーナーやマンションの管理組合は被害者への賠償責任や、建物の管理責任などの重い責めを負わなければなりません。このような事故が発生する前に劣化調査を行い、外壁の劣化状態を早期に確認することを強くお薦めします。

タイル浮きの状態を総合的に判断して最も信頼のおける工法をご提案します。

外壁タイルの浮き補修においては、調査・診断に基づく、最も効果的な工法の選択が大事です。補修工事の制度はもちろん、長期耐久性、美観保持などのさまざまな条件が伴います。そこでお奨めしたいのがプラチナコートUP工法です。独自の新技術を用い、従来工法を大きく凌ぐ高度な施工性をもち、あらゆる状況のタイル浮きに抜群の効果を発揮します。

プラチナコートFP復元工法
不安を感じたらまず調査! 浮きタイルを隅々まで一枚単位でチェック。浮きタイルを見逃しません。
ビルやマンション外壁のタイルの浮きについて、調査・診断を行っています。テストハンマーを使用した打音調査と高性能赤外線カメラを使った温度差による調査を組み合わせ、1枚単位でチェックします。建物の全てのタイルにおいてこの調査を行いますので、浮きタイルを見逃すことはありません。
テストハンマーによる調査
テストハンマーの打音の違いで浮きの有無を確認します。
 
  サーモグラフィーによる調査
タイルに浮きがある場合は、躯体やモルタルとの間に隙間ができます。この隙間の空気が太陽光により暖められる時、浮きのない部分と温度差が生じます。この温度差を高感度赤外線カメラで撮影し、浮きのあるタイルのみを特定します。
テストハンマー   ビルの外壁を撮影

建物診断や工事についてのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ|お問い合わせメールフォーム

スエヒロ工業会社概要はこちら

このページの上部へ